MENU

青汁の主原料に使われる大麦若葉が優秀!効果・効能・成分のまとめ

 

青汁 大麦若葉

 

 

 

 

青汁に使用される大麦若葉とは

 

普段、野菜としてそのまま口にすることはないですが、青汁の原料としては「大麦若葉」という野菜の名前を聞いたことがあるでしょう。

 

大麦若葉とは

イネ科の植物で、大麦の若い葉のこと。ビタミンやミネラルなど豊富な栄養素が含まているが、苦味も少ないので飲みやすいフルーツ青汁を作ることができる。

 

大麦若葉はイネ科の植物なので、米アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。また多少のカフェインが含まれているとも言われているので、過剰摂取は控えましょう。

 

とはいえ、1日の摂取量を守り正しく飲んでいけば、何の問題もありません。フルーツ青汁の主原料として多く使われている、大麦若葉の詳しい効能や成分についても見ていきましょう。

 

 

青汁の主原料になる大麦若葉の効果・効能

 

生活習慣病の予防・健康維持

大麦若葉に含まれるSOD酵素が、動脈硬化や糖尿病などといった生活習慣病を未然に防いでくれる働きがあります。

 

またSOD酵素は、細胞やDNAを活性酵素から守ってくれる働きもあり、健康維持の役割もあると考えられています。

 

 

新陳代謝を上げてくれる

大麦若葉に多く含まれる亜鉛が、代謝を上げてくれます。亜鉛は筋肉を作るタンパク質に効果があるので、新陳代謝の低下を防いでくれるという働きも期待できるのです。

 

 

冷え性改善

冷え性の原因のひとつに、新陳代謝の低下が考えられます。冷え性はさらなる代謝の低下の原因になり、肌荒れやむくみ、肩こりなど様々な不調の元になってしまいます。

 

大麦若葉は代謝をアップさせるのはもちろん、カルシウムが多く含まれているので冷え性改善にもつながると言われています。

 

過去に無理なダイエットをして冷え性になってしまった、夏場も冷えに悩まされている、という女性には嬉しい効果ですね。

 

 

疲労回復、免疫力のアップ

大麦若葉に豊富に含まれるβカロテンには免疫力アップ作用があり、風邪をひきにくくなったり、回復力もアップします。健康維持のためにフルーツ青汁を飲みたい人には、大麦若葉のフルーツ青汁がおすすめですね。

 

美肌効果

大麦若葉は、美肌の成分であるビタミンCも多く含まれています。ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせない成分なので、美肌効果があるのです。

 

ビタミンCは人間の体内では生成できない成分なので、食事や青汁などで意識的に摂取していく必要があります。大麦若葉のフルーツ青汁を選べば、自然とビタミンCも摂取できるので美意識の高い女性にも人気です。

 

 

便秘の改善

大麦若葉には食物繊維も豊富に含まれているので、便秘解消にも効果があります。大麦若葉は食物繊維の中でも、不溶性食物繊維が多いと言われています。

 

便秘解消を目的にフルーツ青汁を選ぶのであれば、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を両方摂取することが理想的です。水溶性食物繊維の多い明日葉なども同時に含まれているフルーツ青汁を選ぶと、より便秘へのアプローチが期待できるでしょう。

 

 

青汁の主原料になる大麦若葉の成分

 

大麦若葉の効果をチェックしていくだけでも、多くの成分が含まれていることがわかりますね。ここでは、大麦若葉に含まれる成分を多い順に紹介していきます。

  1. タンパク質
  2. 脂質・糖質
  3. 食物繊維
  4. ナトリウム
  5. ビタミン類

などが、大麦若葉に特に多く含まれる成分です。先ほども紹介したように、タンパク質は疲労回復や免疫力アップに効果があります。食物繊維は便秘解消に効果があることもわかりました。

 

ビタミン類は種類が豊富で、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC,ビタミンE,ビタミンKなどが含まれています。

 

 

大麦若葉ココに注意!


大麦若葉には多くのビタミンが含まれていて、栄養素が豊富なことがわかります。しかし中にはこのビタミンの一種、ビタミンKに注意をしなくてはいけない方もいます。

 

ビタミンKは、血液を凝固させる作用があります。ワーファリンという薬を飲んでいる方は、血液をサラサラにするという薬の作用を弱めてしまう可能性があるので注意が必要です。薬を服用していて、心配な方はお医者様に相談すると安心です。

 

また、大麦若葉には少量のカフェインが含まれているとも言われています。妊婦さんや授乳中のママさんなど、カフェインの摂取量に気を使っている方は、過剰摂取しないように心がけましょう。

 

ただし、大麦若葉を使用しているフルーツ青汁でも、妊婦さんでも飲めると言われている商品も多くあります。大切なのは、過敏になりすぎずに、適量で楽しむということだと思います。

 

青汁と大麦若葉についてまとめ


青汁の主原料としてよく使用される大麦若葉には、多くの栄養が含まれていることがわかりましたね。効果・効能もとっても多様で、様々な人の健康維持に役立ってくれるといえるでしょう。

 

その一方で、大麦若葉の摂取には気を付けた方が良い人もいます。ワーファリンを飲んでいる方、カフェインを気にしている方は、過剰摂取は控え、適量で楽しむようにしましょう。

 

大麦若葉の青汁を、健康・美容に役立てていってくださいね。

 

参考になったサイト→フルーツ青汁 比較