MENU

大麦若葉 

 

大麦若葉に含まれている豊富な成分

 

麦の中でも量質な分類になる大麦は、日本ではお菓子やビールの原料などで親しまれてきた素材です。そして現代では、青汁の原料として大麦若葉の存在が広く知られています。麦が穂を付ける前の状態で、さらに葉の部分を収穫し利用するのには、理由があります。

 

大麦は何もしなくてもビタミンやミネラルに食物繊維などが豊富に含まれている植物ですが、若葉の状態で摘み取れば抗酸化作用をもつフラボノイドやクロロフィル、SOD酵素といった有効な成分の恩恵を受けることができます。

 

日常で不足しがちな栄養を複数摂取するサポートをおこなってくれる植物です。

 

大麦若葉の成分を効率良く摂取するには

 

大麦若葉には非常に豊富な栄養素が含まれていますが、そのまま食したのでは十分に吸収することができません。

 

栄養素は固い繊維質によって守られている状態にあり、人の身体ではそれを満足に消化することが難しいからです。その難点を解決するために、主に粉末状にして吸収率を上げています。栄養豊富な大麦若葉が青汁の代名詞のように扱われているのは、このような理由からです。

 

唯一とも言える繊維質問題を解決してしまえば、青汁の中でも苦味が少なく酵素面でも優れた点を持っているなど、良いことずくめの素材です。